中小企業等の特別加入

 

中小企業等の特別加入制度とは

労働保険の本来の目的は、労働者の業務上の災害を補償する制度ですが、労働保険事務組合に労働保険の事務委託をする事業所の、事業主・その法人の役員・家族従事者で従事する業務の実態から、労働者に準じて保護することがふさわしいと認められた場合は、その事業所の該当する者全員が漏れなく加入する包括加入を前提条件として、申請により労働基準局長が承認をしたとき労災保険の特別加入をすることができます。

同一の中小事業主が2つ以上の事業の事業主となっている場合、1つの事業の中小事業主として特別加入の承認を受けていても、他の事業の業務により被災した場合は、保険給付を受けることができません。
 
 

特別加入時の健康診断書の提出

下表の業務に従事をした経歴のある方は、加入の際に健康診断書を提出します。
特別加入予定の
業務の種類
特別加入前に
従事した通算期間
必要な健康診断
粉じん作業を行う業務 3年 じん肺健康診断
身体に振動を与える業務 1年 振動障害健康診断
鉛業務 6か月 鉛中毒健康診断
有機溶剤業務 6か月 有機溶剤健康診断
※健康診断の結果か判明するまでは、承認を保留されます。
※健康診断に要する費用は国が負担します。

 

中小事業主等の給付基礎日額と労災保険の保険料

希望する給付基礎日額に、当該事業所に適用されている業種により定められている業種により定められた保険料率を乗じた額です。
特別加入保険料 = 保険料算定基礎額(給付基礎日額×365) × それぞれの事業の保険料率
 
【参考例】建設事業(既設建築物設備工事業)保険料率12/1000 の場合
給付基礎日額 年間保険料
(保険料算定基礎額×12/1000)
保険料算定基礎額
(給付基礎日額×365)
25,000円 109,500円 9,125,000円
24,000円 105,120円 8,760,000円
22,000円 96,360円 8,030,000円
20,000円 87,600円 7,300,000円
18,000円 78,840円 6,570,000円
16,000円 70,080円 5,840,000円
14,000円 61,320円 5,110,000円
12,000円 52,560円 4,380,000円
10,000円 43,800円 3,650,000円
9,000円 39,420円 3,285,000円
8,000円 35,050円 2,920,000円
7,000円 30,660円 2,555,000円
6,000円 26,280円 2,190,000円
5,000円 21,900円 1,825,000円
4,000円 17,520円 1,460,000円
3,500円 15,324円 1,277,500円
(注)特別加入者全員の保険料算定基礎額を合計した額に千円未満の端数が生じるときは端数切り捨てとなります。
※加入・脱退のときの保険料は月割りになります。
※年度の途中での給付基礎日額の変更はできません。
※労働者の保険料と共に納付してください。

 

保険料率について

事業内容により保険料率が細かく定められています。
厚生労働省のホームページ内の第一種特別加入保険料率表によりご確認ください。
 
 
全国労保連 労働災害保険のご紹介
 

一人親方等の特別加入

 

一人親方等の特別加入制度とは

岡山SR経営労務センターでは、建設業の一人親方(従業員を雇用していない個人事業主)の労働保険事務組合を併設しています。

加入は、SRセンターの会員社会保険労務士を通してお申し込み下さい。
 
 

特別加入時の健康診断

下表の業務に従事をした経歴のある方は、加入の際に健康診断書を提出します。
 
特別加入予定の
業務の種類
特別加入前に
従事した通算期間
必要な健康診断
粉じん作業を行う業務 3年 じん肺健康診断
身体に振動を与える業務 1年 振動障害健康診断
鉛業務 6か月 鉛中毒健康診断
有機溶剤業務 6か月 有機溶剤健康診断
※健康診断の結果か判明するまでは、承認を保留されます。
※健康診断に要する費用は国が負担します。

 

一人親方等の給付基礎日額と労災保険の保険料

希望する給付基礎日額に、第2種特別加入に適用されている保険料率を乗じた額です。
特別加入保険料 = 保険料算定基礎額(給付基礎日額×365) × それぞれの事業の保険料率(平成30年4月1日~)
 
【参考例】
給付基礎日額 特別加入保険料(年額)
建設業
(保険料率18/1000)
軽貨物運送事業
(保険料率12/1000)
25,000円 164,250円 109,500円
24,000円 157,680円 105,120円
22,000円 144,450円 96,360円
20,000円 131,400円 87,600円
18,000円 118,260円 78,840円
16,000円 105,120円 70,080円
14,000円 91,980円 61,320円
12,000円 78,840円 52,560円
10,000円 65,700円 43,800円
9,000円 59,130円 39,420円
8,000円 52,560円 35,040円
7,000円 45,990円 30,660円
6,000円 39,420円 26,280円
5,000円 32,850円 21,900円
4,000円 26,280円 17,520円
3,500円 22,986円 15,324円
 

保険料率について

建設業 = 18/1000
軽貨物運送事業 = 12/1000